書籍「超高齢化時代に知っておきたい得するお金の話」
5bb2f6f8a6e6ee1c4600043a 5bb2f6f8a6e6ee1c4600043a 5bb2f6f8a6e6ee1c4600043a 5bb2f6f8a6e6ee1c4600043a 5bb2f6f8a6e6ee1c4600043a

書籍「超高齢化時代に知っておきたい得するお金の話」

¥1,080 税込

送料についてはこちら

---- 【年末年始の発送について】 ※年内発送は12/27までに入金頂けた場合になります。ご了承ください。 休業期間  平成30年12月29日(土)~平成31年1月3日(木) 最終受注日  12月27日 最終発送日  12月28日 年明け発送日  1月4日 ---- 商品名:書籍「超高齢化時代に知っておきたい得するお金の話」 販売価格:¥1,080(税込) オールモノクロ 100P ---------- 本書は、認知症専門医でファイナンシャルプランナーの長谷川嘉哉が、 特に介護や老後の生活における金銭面の問題について、 その豊富な経験から得た知識を一冊にまとめたものです。 著者は常々「介護生活の9割はお金で解決できます」と力説しています。 そのお金の確保は ・元気なうちから用意しておく公的年金と民間保険商品 ・イザとなってから利用できる公的補助制度 の2つに大別することができます。 本書ではこの2つの分野について現状の制度を細かく紐解き、有効活用できるものを詳細に解説した、「老後の羅針盤」ともいえる知識の数々です。 【内容の一例】 ・特別障害者手当の受給資格 ・医療費&障害者控除の解説 ・脳梗塞になったときの公的補助制度 ・世帯分離の活用法 ・高度障害認定の意味 ・就業不能保険とは ・民間介護保険の選び方 ・医療保険に入っておくべき人とは ・介護認定の変更方法 例えば特別障害者手当の場合、多くの方が 「自分は適応ではない」と思い込んでしまっている傾向があります。 この手当は後天的な障害をおっても、受給できるものなのです。 それには要介護4、5の方も含まれるのです。 このような制度は、対象の方に自動的に認定証が送られてくるものではありません。 ご自身やご家族が自ら行動して得られるものばかりです。 年間で10万円以上の価値はある知識と情報だと自負しています。 この国はまさに「知っているものだけが得をする」社会なのです。 身近に要介護者の方を抱えられている方、介護施設で働いている方、老後の備えを確かなものにしておきたい方、保険セールスレディ(マン)の方など多くの方に自信をもってお勧めする一冊です。 この機会にぜひお求めください。 ※本書は長谷川が講演の時にだけ特別にご案内している書籍です。 一般書店ではお求めになれません。